イタリア言の葉

2年半ぶりに再開しました。イタリア生活22年のフリー通訳・翻訳者が北東の町パドバより発信する「社会派」ブログ

トラックバックは承認制になっていますので、過去記事にいただく時は(確認が遅くなりますので)コメントで一言お知らせください。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

カラブリアの犯罪組織

このところバカンスの軽いトピばかり書いてきましたが、カラブリアという土地は美しい海に恵まれ、素朴な人が住むのどかな田舎などではなく、解決の道が見えない深刻な問題に、長年苦しんできた土地なのです。

このことを書こうと思ったのは、カラブリアといえば犯罪組織の問題はどうしても避けて通れないうえに、7月10日にカラブリア州と(ナポリのある)カンパーニャ州で、犯罪組織に対する大規模な取締りが行われ、60人もの逮捕者が出たからです。

イタリアの犯罪組織というと、映画「ゴッドファーザー」のおかげで「マフィア(Mafia)」がすぐ頭に浮かびますが、マフィアというのはシチリア島を拠点に活動する犯罪組織の呼び名。同じイタリアでも、ナポリを拠点とする組織はカモッラ(Camorra)と名前が変わります。

全く自慢になりませんが、カラブリアも犯罪組織で有名な土地柄です。カラブリアの犯罪集団はンドランゲタ('Ndrangheta)といいます。

続きを読む >>
Novita (最新情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

娼婦のデモ行進

ちょっと興味深いニュースが自分の町で起こったので、ご紹介。

パドバ市では、道端に立つ娼婦のそばに車を止めて、ひやかしや値段交渉をする客に罰金を科す市条例が制定されました。

この条例で客が半減した、と抗議する娼婦やトランス100人あまりが、16日デモ行進を行い、パドバ市庁舎前で抗議スローガンを叫んだそうです。

いつも聞いている夕方のラジオ番組で昨日聞いたニュースで、今日になってYahoo に写真がアップされていました。

パドバ市長は抗議代表者との会見を拒否したそうですが、野次馬がたくさん集まってそれなりの宣伝効果はあったようですね。写真中央の女性(?)が持つプラカードには「Libertà(リベルタ=自由)」と書いてあります。


もちろんイタリアでも売春は違法行為です。それでもぜんぜん減らないのに業を煮やして、客足を絶つためにとった対策、効果が上がったようです。
Novita (最新情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

ヒポクラテスの誓い

このところイタリアの公立病院にまつわるスキャンダルが目立ちます。前々から同じようなエピソードはあったのでしょうが、ここへ来て一気に噴出した感じ。

北部や中部に比べて遅れが目立つ南部の病院だけではなく、ローマの伝統ある大病院でも、衛生基準に反する不潔な環境や下級職員が窃盗行為を働いていたなど、スキャンダルで大揺れに揺れました。

ここへ来てまた一つ、トリノ市近郊の救急救命センターで、信じられないようなエピソードが持ち上がりました。

続きを読む >>
Novita (最新情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)