イタリア言の葉

2年半ぶりに再開しました。イタリア生活22年のフリー通訳・翻訳者が北東の町パドバより発信する「社会派」ブログ

トラックバックは承認制になっていますので、過去記事にいただく時は(確認が遅くなりますので)コメントで一言お知らせください。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ブログ再開のご挨拶 | main | イタリアの豪華客船火災に思う >>

ラジオ番組でソムリエオンラインコース

JUGEMテーマ:ワイン
 普段夕食時に何気なく聞いているラジオ番組がラジオ2の「Decanter(デキャンタ)」、ワイン学とガストロノミーがテーマの、食事時に聞くにはピッタリな番組です。月金で夜8時から約1時間オンエアするこのラジオ番組が、23日(2月)からイタリア初のオンエア・ソムリエコースを企画しました。

ラジオ番組内の企画で、愛好家から全く知識のない初心者まで広い範囲向けとはいえ、イタリアソムリエ協会(AIS)の専門教師が講義します。

講義のテーマは3つ。l'arte della degustazione(テイスティングの技)、le vigne e le cantine d'Italia(イタリアのワイン産地と生産業者)、 il corretto abbinamento vino-cibo(ワインと食品の正しいマリアージュ)を各7回計21回で学ぶなかなか本格的な装いです。番組サイト上からオンラインテストに挑戦し、自分の知識を試すこともできるそうです。

視聴者やマスコミからの反響も予想を大幅に上回る大好評だそうで、Podcastをダウンロードして自分の好きなときに楽しみながら受講できる無料コースとして、私もぜひ参加してみたいと思います。
 
AISが企画する通学式のソムリエコースは、基本的に職業としてのソムリエ育成が趣旨のコースなので、半年コースが3課程、受講料も一期500ユーロ以上とかなりの出費を伴い、内容も高度で、趣味が高じて受講するにはかなりハードルが高い印象。

私の周囲でも愛好家でこの資格を持っているのは医師やエンジニアなど、経済的にゆとりがあってかつ教育程度も高い人が多い気がします。だからこそワイン愛好家の裾野を広げるのに、ラジオ番組で企画するソムリエコースは非常に優れていると感心しました。
Novita (最新情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ita-kotonoha.jugem.jp/trackback/409
この記事に対するトラックバック