イタリア言の葉

2年半ぶりに再開しました。イタリア生活22年のフリー通訳・翻訳者が北東の町パドバより発信する「社会派」ブログ

トラックバックは承認制になっていますので、過去記事にいただく時は(確認が遅くなりますので)コメントで一言お知らせください。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 市長へのEメール | main | 南へ向かう夜行列車 >>

エティカル・ゴールド

パドバ市に隣接するヴィツェンツァ(Vicenza)という市は、大小の金宝飾メーカーが集中しているところで、年3回行われるジュエリー見本市
Vicenza Oro)は、国外からも多くのバイヤーを集めています。

今年2回目の見本市が丁度今(5月16日から20日)開催中で、関連記事がイタリア経済新聞に特集されていたのですが、私の興味を引いたのは「エティカル・ゴールド(Oro etico)」の記事です。

エティカル(倫理的)ゴールドとは、採掘・精錬など全ての過程で、環境破壊や労働者の搾取、年少者労働などを避けて製品化した金だそうで、発想の元になったのは「エティカル・ダイヤモンド」だそう。

レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ブラッド・ダイヤモンド」などで、アフリカのダイヤモンド生産国の内情が広く知られるようになり、ブラックマーケット経由のダイヤモンドを知らずに購入するのは良心が咎めるという消費者向けに、コンフリクト・フリー証明付ダイヤモンドだけを扱う北米業者の運動がイタリアに上陸したのは4年前から。

金の場合ダイヤモンドのような政情とからんだ複雑なシステムにはなっていないようです。それでも私の指にもはまっているシンプルなマリッジリングを作る過程で、伝統的な方法だと5トンの水を要し、18トンもの廃棄物(汚染水など)がでるそうです。

ウンブリア州に本拠を置くGoldlakeという金採掘業者は、イタリアにおけるエティカル・ゴールドのパイオニアです。中央アメリカの貧しい国ホンジュラスにある2箇所の金採掘権を得て、現地法人を通じて自ら砂金や金塊の採掘作業を行っているのです。しかも独自に開発した技術で、採掘時に使用する水の再利用とシアン化合物など化学薬品を一切使わない比重選鉱を可能にしたそうです。

自ら採鉱する分のほかは、自社の現地法人と同等の条件で契約した現地の小規模採鉱者から買い取った金のみを扱っているそう。また精錬過程での労働者搾取を避ける目的で、イタリアの自社グループ内精錬所で作業を行っているそうです。

このように原料から出荷までを自社グループ内で直接扱うことで、倫理的に問題になるような工程が一切ないことを証明できるというわけです。

エティカル・ゴールドは従来の金に比べて価格が高めに設定されていますが、このようなクリーン証明を付加価値として認める、イギリスや北米の業者からも着実な評価を受け始めているそうです。

現在イタリアでこのエティカル・ゴールドを売り物として作られているのがBelloniブランドのマリッジリング。Belloniは「Il ben più prezioso è la dignità(人権は宝石よりも価値があります。)」のコピーと共に、イタリアで始めてエティカル・ダイヤモンドを売り出したブランドです。

今度はエティカル・ダイヤモンドの婚約指輪とエティカル・ゴールドのマリッジリングをセットで売り出そうと言うわけです。年齢を重ねて多少ひねくれた見方をするようになったので、これも独自性を追及したある種の宣伝には違いないと言う気もしてしまいます。

その私ですら「ブラッド・ダイヤモンド」を見た直後、手持ちのささやかなダイヤ付ジュエリーを身につけるのが後ろめたかったのも事実です。幸福のシンボルのようなこれらのリングですから、一点の後ろめたい思いも持たずに身につけられるクリーンなものをと願う女性は沢山いるかもしれませんね。


にほんブログ村 海外生活ブログへランキングに参加しています。応援にこのバナーをワンクリックしていただけると嬉しいです。
JUGEMテーマ:ジュエリー


Novita (最新情報) | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

初めてのこの様な場にコメントを書きます。
メガネの会社にいながら、宝飾の世界に26年間いました。
1990年に初めてのバーゼルへ、91年からヴィチェンツァへ……25年間通いました&#8265;よく会社が許していたと思います(笑)
ヴィチェンツァオロの名前が出て、身近に感じコメントをさせて頂きます。

今同じ会社で、金の仕事をしています。
スイスの精錬会社(無名ですが)との取引で、『エティカル・ゴールド』の説明も受けました。
その会社はペルーの鉱山をカナダのファンドを通じて買ったようです。
文面と同じ方法を取っているようです。
長年扱ってきたダイヤモンドや金に対し、この様な考え方は当初戸惑いました。
平和な?日本にいると、全く関知しない、見て見ぬ振りをする人や企業が多いことにも気付きます。
イタリアの宝飾メーカーでも、この取組を知り、何か心の中にパッと光がさした思いです。
またこの様な情報、その後の進捗具合等をお知らせ頂ければ幸甚です。
今後とも宜しくお願い致します。
多賀谷
多賀谷 賢 | 2017/01/29 5:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ita-kotonoha.jugem.jp/trackback/377
この記事に対するトラックバック