イタリア言の葉

2年半ぶりに再開しました。イタリア生活22年のフリー通訳・翻訳者が北東の町パドバより発信する「社会派」ブログ

トラックバックは承認制になっていますので、過去記事にいただく時は(確認が遅くなりますので)コメントで一言お知らせください。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< イタリアにイタリア料理店があるのか | main | 水道水を飲もう >>

スト規制法

イタリアの公共輸送(鉄道・航空・市バスなど)はしょっちゅうストライキをすることで悪名高いです。なぜこんなにしょっちゅうストライキをやるのかという疑問が、検討中の「スト規制法案」特集記事を読んで分かりました。

ともかく労働組合の数が多い!航空関係は20組合、市バスは15組合、鉄道が9組合もあります。

これだけの組合が、かわるがわるストライキをやれば、しょっちゅうストライキになるのも無理はないです。特に航空関係!業種別労組が多いせいもあるでしょうが、何で20も労組が必要か・・・

ベルルスコーニ首相は、伝統的に公務員・公社職員の権利が強いイタリアでは「タブー」の感もある「公共サービス・スト規制法の改正」を選挙公約にしていました。ベルル首相には感心しない私も、こればかりはやはり何とかしたほうが良いと思います。

公共輸送のストライキって迷惑するのは利用者だけで、お偉いさんには痛くも痒くもない。こう頻繁にあると「労働者の権利」と叫ばれても、彼らほど立場が強くない民間で働く一般人の、反感を買うだけの気がします。

閣僚会議で承認されたばかりの「スト規制法案」、何が変わるかというと・・・何ともややこしくて理解するのが大変だったのですが・・・

ストライキを行う権利を有するのは、鉄道なら鉄道労働者の過半数を代表する労組(分野別労働者の50%以上が所属。これは複数組合の合計数でもよし。)というのが条件。この条件をクリアできないけれども、分野内で20%以上の労働者が所属する組合(複数組合の合計数でもよし)については、ストに関係する労働者全体にレフェレンダムを行って30%以上の賛成を取り付ければストライキができます。

つまり小規模労組だけではストライキができないということですね。50%以上が属する労組もほとんどないようなので、集まってゼネストをするかレフェレンダムをしなければならない。かなりストがやりにくくなるはずです。

例えば鉄道なら、整備工とか清掃業者の労組など小規模労組だけがストライキをやっても、結果的に全国のダイヤが乱れる事が良くある、今の事態を改善する狙いがあるのでしょう。

予告だけで実際にストをやらなくとも、航空業界や鉄道でも長距離路線だと予約が減り、売り上げが落ちるという効果もあるので、予告効果を制限するのも一つの目的のようです。

ここに来るまでに既に何度か法案修正されていますが、どのくらいの期間でどんな内容が承認されるのか、今後も追っていきたいと思います。あまり内容が複雑だと、逃げ道も多くなり、結局規制の役に立たないという恐れがかすかにありますが・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログへランキングに参加しています。応援にこのバナーをワンクリックしていただけると嬉しいです。
Novita (最新情報) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ita-kotonoha.jugem.jp/trackback/361
この記事に対するトラックバック