イタリア言の葉

2年半ぶりに再開しました。イタリア生活22年のフリー通訳・翻訳者が北東の町パドバより発信する「社会派」ブログ

トラックバックは承認制になっていますので、過去記事にいただく時は(確認が遅くなりますので)コメントで一言お知らせください。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ロベルト・ベニーニのビジネスセンス | main | スト規制法 >>

イタリアにイタリア料理店があるのか



先日仕事半ばの食事時間に、2年半東京に駐在しているミラノ出身の方と同席し話す機会がありました。その人が「いかにも北風メニュー」を食べながら、ちょっと考えさせることを言ったのです。

その方は日本にあるイタリアン・レストランへ行くと、ミラノで慣れ親しんだ料理とはかなり違う、彼がイメージする「南の料理」が主体のメニューなことを、いつも不思議に思うそうです。

具体的にいうと、彼ら北イタリアの人間は、日本ではイタリアンの代名詞である「パスタ」を案外食べておらず、どちらかと言うとリゾットとかポレンタを頻繁に食べます。パスタなら卵入りの手打ちパスタに生クリーム系か肉のソースが典型的で、いわゆる乾燥パスタは(レストランでは特に)あまり供されないのです。

そしてミラノをはじめ北部・中部イタリアでは、海岸沿いの一部を除いて「シーフードが主体」の料理は一般的ではないのに、日本のイタリアン・レストランはシーフード素材の料理が多いのだそうです。

里帰りした時にイタリアン・レストランに行くことはありえないので、私には判断ができないのですが、そうなのでしょうか???

この話に触発されて、バラエティーに富んだ郷土色の強い料理であるイタリア料理では、その地方独特の郷土料理を供するレストランはあっても、南から北までどこに行っても食べられるような「普遍的なイタリア料理」というカテゴリーを供するレストランがいったいあるのだろうか、という疑問がわきました。

この辺で外食すれば、やはりこの地方独特の料理を食べさせるレストランになります。さほど距離が離れていなくとも、隣の州へ行けば、今まで食べたことがないようなものが出てきたりします。やはりイタリア料理というよりヴェネト料理、ロマーニャ料理とその州の名前で呼んだほうが良い気がします。

あっ、イタリア全土でほぼ同じ料理にありつけるレストランをひとつ思いつきました。「シーフード」を売り物にするレストランです。山の中にはないでしょうが、北から南まで都市ならどこにでもあります。

取れる魚の種類によって素材の差はあっても、パスタの種類も料理法もほぼ同じ、メインディッシュならグリルか揚げるかオーブン焼きぐらいしかないわけですから。最初に書いたミラノ出身の方が「日本のイタリアン・レストランはシーフード主体」と言っていたのはその辺が理由なんでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログへランキングに参加しています。応援にこのバナーをワンクリックしていただけると嬉しいです。
JUGEMテーマ:グルメ


Curiosita (気になること) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ita-kotonoha.jugem.jp/trackback/360
この記事に対するトラックバック