イタリア言の葉

2年半ぶりに再開しました。イタリア生活22年のフリー通訳・翻訳者が北東の町パドバより発信する「社会派」ブログ

トラックバックは承認制になっていますので、過去記事にいただく時は(確認が遅くなりますので)コメントで一言お知らせください。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 社会問題を笑い飛ばす | main | イタリア鉄道で通勤 >>

ライフ・イズ・ビューティフル

ご無沙汰しました。忙しかったり体調が悪かったりのもろもろに加えて、シーズン最繁期を迎えたフィギュアスケートにどっぷりつかっていて、こちらの更新ができませんでした。あちらが落ち着きましたので、これからまたボチボチ更新します。

今朝息子を集団登校の集合場所へ送って行く途中、学校で「強制収容所」に関する映画を見ると聞いて、正直びっくりしました。「強制収容所」の映画って小学生に見せるにはかなり刺激が強いのではないかと思ったからです。

よく聞いてみると、ショアー記念日(Ggiorno della memoria della Shoah)にちなみ、息子たち3・4年生が体育に使う大教室で見る映画というのは「ライフ・イズ・ビューティフル」なのでした。それを聞いた時「その手があったか」と新鮮な発見をした思いでした。アカデミー賞主演男優賞など数々の受賞作ではありますが、私はこの映画がそれほど好きではないのです。

ロベルト・ベニーニのこの作品、本国イタリアでも、もちろん評価が高いです。実際には私が見た公開直後は評判になってはいましたが、大ブレイクしたのはアカデミー賞を受賞した後で、普段映画を見ない層にまで広がったからだと思いますが。

ブレイク後に見た知人・友人はそろって「素晴らしい映画だ。」「近年になく感動した。」と興奮の色を隠せず感想を語り合っていました。

「その映画公開直後の1年以上前に見たけれど、私は『強制収容所』を題材にした映画としては好きではない。」というと相手に信じられないという顔をされ「言葉が理解できなかったんじゃないの。」といわれたものです。

こちらこそ「あなたたちどれだけの映画を見ているんだ。」といいたい思いでしたが・・・・

「強制収容所」を題材にした映画は数々ありますが私の頭にすぐ浮かぶのは「ソフィーの選択」そして「シンドラーのリスト」です。ベニーニの映画はこれらの映画ほど見るのに覚悟がいらない上、ラストシーンは確かに感動的なのですが、明るく作っている分切込みが甘く、扱っている題材の深刻さを的確に伝えていない気がしてなりません。

ただし子供に見せるなら、私の思う弱点が長所になるのではないでしょうか。小学生の子供でも充分理解できる内容ですし、興味を引けると思います。その上で「かつて私たちの国にこんな悲しいことがあったのです。」と話をすれば「ショアー記念日」の試みとしては完璧です。これが「その手(用途)があったか。」と思った理由です。

帰ってきた息子に映画の感想を聞きましたら、いつものように「うん、おもしろかった。」と至極簡単にかわされましたが。 

にほんブログ村 海外生活ブログへランキングに参加しています。応援にこのバナーをワンクリックしていただけると嬉しいです。
JUGEMテーマ:育児


Cultura Italiana(イタリアンカルチャー) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ita-kotonoha.jugem.jp/trackback/352
この記事に対するトラックバック