イタリア言の葉

2年半ぶりに再開しました。イタリア生活22年のフリー通訳・翻訳者が北東の町パドバより発信する「社会派」ブログ

トラックバックは承認制になっていますので、過去記事にいただく時は(確認が遅くなりますので)コメントで一言お知らせください。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< イタリア鉄道(FS) | main | 社会問題を笑い飛ばす >>

オバマ氏勝利に、イタリア首相の失言

米大統領選挙とオバマ氏勝利は、イタリアでも連日報道をにぎわせています。オバマ氏の勝利は「有色人種として初めて、世界一強力な存在であるアメリカ大統領に就任。」という切り口が大勢で、オバマ氏の勝利を歓迎する意見が多い印象です。

イタリアの現首相ベルルスコーニは、軽い気持ちで失言をやらかすことが多い人ですが、今回もまたやってくれました。

モスクワを訪問中に記者団の前で、オバマ氏勝利へのコメントとして「オバマ氏は若くてハンサムな上日焼けしているので、彼(ロシア大統領)とは気が合うだろう。友好的な協調関係が築けると思う。(Obama è bello, giovane e abbronzato)」と述べました。

ベルルスコーニ氏はプチ成形を受けたニュースが日本に伝わったほど、容姿を気にして手入れを欠かさないタイプ。自分も日焼けサロンに通って健康な肌色を保っている、という思いから「日焼け」という言葉を使ったのでしょう。

イタリア人のユーモア感覚として、この軽いジョークに悪意がないことは理解できます。しかし酒席で披露したわけではなく、一国の首相が記者団を前に述べたコメントとしては、いかにも軽率だったとしか言いようがありません。

国内の野党からは早速厳しい批判を受け、各国ではインターネット上で面白おかしくあげつらわれているそうです。

追記:ベルルスコーニ首相の発言を聞きなおしてみて「私と」ではなく、ロシア大統領に言及して「彼と」といっていることに気がつきましたので、訂正しました。自分と上手く行くかどうかではないとすると、全体の意味がかなり変わってきて、やはりジョークでは済まないところがあるかと思います。

ロシア大統領が「日焼けサロン」に通っているとも思えませんし。


にほんブログ村 海外生活ブログへランキングに参加ししています。応援にこのバナーをワンクリックしていただけると嬉しいです。

JUGEMテーマ:ニュース


Curiosita (気になること) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ita-kotonoha.jugem.jp/trackback/332
この記事に対するトラックバック