イタリア言の葉

2年半ぶりに再開しました。イタリア生活22年のフリー通訳・翻訳者が北東の町パドバより発信する「社会派」ブログ

トラックバックは承認制になっていますので、過去記事にいただく時は(確認が遅くなりますので)コメントで一言お知らせください。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 飲酒運転常習国 イタリア | main | ミラノに新しい現代美術館を建設 >>

清掃ロボット(Robot Spazzino)

家事の中で私が一番苦手としているのは掃除です。イタリア人の女性は一般的に非常に掃除好きで、専業主婦ともなると、床にじかにテーブルクロスをひいてご飯を食べても清潔なくらい、すみからすみまでいつもピカピカにしている人がいます。

イタリアの掃除レベルが異常に高くてついていけない私は、かなり前からお掃除とアイロンかけは週一回お手伝いを頼んでいます。それでも、掃除機をかけたり子供の食べこぼしをはいたりぐらいは毎日やっていますが・・・

日本で売っているこの自動掃除機はイタリアでも販売しているのですが、買ったという人を聞いたことがないし、どれほど実用的か信用できない思いでいたのです。それでも一応購入を考えたため、性能については詳しい説明を読みました。

障害物に当たると向きを変えるセンサーがついている円盤型のもので、稼動範囲をあらかじめ設定できるようです。フローリング、大理石、じゅうたんなど変化する床面に自動対応、階段は避ける機能もついているとか。

でも高価だし、あらかじめ障害物(床に散らばっている子供のおもちゃなど)をどかさないと働かないようでは役に立たないと、結局購入していませんが。

そんな経過があったのでこのニュースを読んだ時は、興味しんしんでした。記事を読んでみると、残念ながら清掃ロボットは家庭用の物ではなく、ゴミ収集を代行するロボットのようです。

実用化に向けてテストが行われたのは、広場や道路、街路、公園などの路上を清掃したり大気汚染の測定ができるタイプと、家庭からの呼び出しに答えて少量のゴミを収集所まで運ぶタイプがあります。

呼び出してゴミを運ばせるタイプのロボットは、一人暮らしのお年寄りなど自由に行動できない人向けや、旧市街の細い路地など、一般の収集車が入れない道で活躍するとのこと。なるほど。

清掃ロボットを開発したのはピサのサンタンナ大学院(Scuola Superiore Sant' Anna di Pisa)。

一つだけ疑問なのは、失業率の高いイタリアで、清掃要員といえども人材不足のはずはないだろう、と思うこと。わざわざ莫大な予算でロボットを開発しなくとも、同じことをやる人間は見つかるだろうと思うのですが。

日本では進む高齢化社会への対策に、移民を受け入れて年齢を下げる方策はとらず、重労働に上手くロボットを導入する方向へ進んでいるそうですが、日本に負けない高齢少子国イタリアも同じことを考えたのでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログへ順位の回復に、皆様の暖かいワンクリックをお願いします。
JUGEMテーマ:家庭


Curiosita (気になること) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ita-kotonoha.jugem.jp/trackback/253
この記事に対するトラックバック